離婚したい

離婚したい女性が絶対に知っておきたいこと

婚問題はとてもデリケート。どれだけ離婚したいと思っていても離婚届けにハンコを押すだけでは済みません。むしろ一時の感情に任せて勢いで離婚届けを提出してしまうと損をしてしまう確率が高いです。

離婚時には、

養育費は毎月いくらをどのように支払ってもらうのか?
慰謝料はいくら支払ってもらうのか?
・現預金以外の資産(家や車など)は財産分与はどうするのか?
・子供の親権や養育権はどちらがもつのか?

など明確に決めておくべきことがたくさんあります。またこれらは口約束ではいけません。離婚後のあなたの生活とお子さまの生活を守るために、離婚協議書を作成したり、養育費が未払いになったときに給料などの強制執行ができる調書をとるなど文書で形にしておくべきです。

これらの事前準備は正しい法律の知識と理解があるかどうかで差がつきやすいです。例えば、通常は20歳までの養育費を22歳までもらう、相場より多い慰謝料や財産分与を得られるなどのことがあります。

離婚に関する法律は主に民法の第763条~771条で規定されています。普通の人は法律に関する知識がありませんから、法律に基づいて客観的に離婚の条件交渉を行うのは難しいです。そこで通常は弁護士に相談するとよいのですが、個別に相談すると数十万円の費用がかかることも多いです。今後の生活を考えると少しでも手元に残るお金を残しておきたいのが本音でしょう。

そこで法律知識がない一般女性が出来るだけ損をせずに、費用の負担も少ない形で離婚の話を進めるために読んでおきたいのが、離婚問題の専門家である「3日で離婚できる方法」というネット限定マニュアルです。

これまでに20,000件以上の離婚相談に対応してきた経験をもとに、女性が損をせずに上手に離婚をする方法というコンセプトでまとめられたマニュアルは、具体的な知識が学べ疑問点などを質問できることから離婚問題に悩む女性に人気があります。

女性のための上手な離婚法についてはこちらからご覧になれます

女性が損をしている離婚の現実

生労働省の人口動態統計の年間推計によりと、2011年度の離婚件数は23万5000組でした。つまりたった1年で47万人が離婚していることになります。東日本大震災の影響で減少しているのですが、それでも大変な数字です。

統計からわかるように日本においても離婚は珍しいことではありません。最近では経済評論家の勝間和代さんや安室奈美恵さんなどシングルマザーとして大活躍している人もたくさんいます。しかし彼女たちのように輝いているシングルマザーもいる一方で生活に苦労している女性も多いのが現実で、離婚の現場では女性が不利な状況に立ってしまうことが多いのです。

例えば養育費を見ても、きちんとした取り決めをせずに離婚してしまった人が60.2%にも達しています。文書を残している人は26.8%しかいません。また離婚を原因とする母子家庭の平均世帯年収は276万円であり全世帯平均の42%に過ぎません。(厚生労働省平成23年度全国母子世帯等調査結果報告より)

このようにな現状を踏まえると離婚は結婚を決めるときと同等かそれ以上に慎重な準備が必要なことがわかると思います。

女性が離婚してから困らないためにできること

関連ニュース

エルトン・ジョン、女性と結婚したことについて「彼女を悲しませ、罪悪感と後悔」
…コーディング・エンジニアだったレネーテ・ブリューエルさんと結婚。4年後に離婚した後、ゲイでいるほうが本来の自分らしいと明かしていた。2014年イギリス…